10月ログ






10月30日 巨星落つ。・・(ノД`)・・。

うちのサイトを普段見ている方にはお馴染み、
世紀の青箱ギャンブラー
ソルバルウさんが休止されました。
今回の騒動に関する一つの結論の形としての休止だそうです


いつも「おもラグさん弄り」と称して盛大にネタにしてくれたソルバルウさん・・・・・・
ネタにされることへの復讐として
ヤマジュン系サイトをダミートップにしても
笑って許してくれた上に
ボーイズラブな展開まで見せて(*´д`*)ハァハァさせてくれたくれたソルバルウさん・・・・・・
初めて荒らしの人が訪れた時
こんなサイトを作ってくれたソルバルウさん・・・・・・
("ゝ) シナジー という明言を残したソルバルウさん・・・・・・
お嫁さんも素敵なソルバルウさん・・・・・・

ショックでした。ある意味今回の告発記事を読んだ事よりショックでした。
一度も会った事はなかったけれど、わたしのROにおけるネタ師としての理想に一番近いお方でしたから。ソルさんにとって長井秀和における青木さやかの位置になりたいとか勝手に思っていたのに。
「ガンホーの管理体制が正されるまで無期限休止」
とのことなので、
だからソルバルウさんが戻ってくるような世界にするためにささやかでも抵抗を続けていきたいです。
例えその可能性が0.1パーセントでも。
戻ってきた時は今までの分を盛大に復讐します。大好きでした。こんちくしょう(つД`)

一度誤って消してしまったので書き直しました。うちのバカorz

2004年10月31日 もう諦めるのは嫌だ その2
もう諦めるのは嫌だ その1はこちらから

「裏で何があってもラグナロクが楽しいのには変わりないし続けるよ〜」
「昔っからアレくらいの事言われてたじゃん。騒ぎたい奴が騒いでるだけ」
「普通に遊んでる人を嫌な気分にするからそういう話題出さないで!」
そんな言葉が囁かれる今日この頃。皆様いかがお過ごしでしょうか。
ラグナロ娘、内部告発の記事が広がってから早2日目。
様々な意見で盛り上がるファンサイトなどとは打って変わって、ROの中は平穏そのものです。
平穏すぎて恐ろしいぐらいです。

一日経ってやっと冷静になりつつある管理人です。
昨日は感情的な文章で失礼いたしました。
要するに伝えたかった事は
「記事の真偽はともかくとして、
慣れてて忘れてたけど今までみんなガンホーに舐められすぎてないか?
これは落とし前を付けさせるいいチャンスじゃないか?
今までプレイヤーが諦めて放置していたツケが今現れてるんじゃないのか?
もっといい管理体制にしていく方法について考えてみないか?
そしてせめて1ヶ月だけでも抗議の意味を込めてチケットを買うのを止めてみないか?」
ということです。

ちなみにわたしは11月3日から年内は確実に休止、別のゲームへの移住もギルメン達と検討中です。
ただ、このことについての各々の温度差はやっぱりあって、なかなか意見は一致しません。
「いつものことじゃん、我慢しとこうよ。」そういう空気は確実にあります。
街を歩いているとそのことについて友人同士で揉めあいをしているのを聞いてしまったり、
普段だったら仲良く狩りに行ったり雑談したりできるのに。辛いです。

掲示板で情報や感想を下さる方、本当に感謝です。
一人じゃ何も出来ない非力さを実感していたところなので、本当に嬉しかったです。
取りあえず報道ステーションと、
報道特捜プロジェクトにガンホーの体制について取り上げて欲しいとのメールを送信しました。
一人の投稿では取り上げてもらえませんが、塵もつもれば、ということで送信しました。
空いた時間がある方、メールを送ってみてはいかがでしょうか。
また、
Favor's Ragnarokさんに紹介いただいたおかげか、
たくさんの方が飛んできてくださっているようで、Favor'sさんにはいくら感謝してもし足りないです。

レイホウさんの1dayチケット案は興味深かったです。
もう読んだ方も多いと思われますが、未見の方は是非見てみてください。
やっぱり冷静に考えられる方の意見は説得力があります。
(どうも自分は感情に走りがちで論理的思考に欠けているのでorz
もし復帰するとしたら1dayチケットを買いに行くつもりです。

今大事な事はこの怒りの炎を絶やさない事です。
友人でも、ギルメンでも、ひとりでも多くの人と、この事を話し合ってみてはくれませんか?
いや、こういう話題って暗くなるし・・・面倒だし・・・結局関係ないし・・・・・・そんなことを言わずに。
これでまたユーザーが屈すれば、さらにガンホーは「これでもオッケーなんだ」と学習するでしょう。
そして今までどおり、BOT野放し、小出し小出しのアップデート、
情報漏洩やRMTの横行するゲームを私達はプレイするでしょう。
そしてガンホーのザル管理でも大儲け、これはビジネスとしては大成功です。
この管理をスタンダードと勘違いし、模倣し追従する企業だって現れるかもしれない。
新たに生まれる素敵なネットゲームがどうでもいい管理でズタボロにされていくのをもう見たくありません。
もうこんな管理嫌だ!と言って引退していく人を見送るのももう嫌です。

いつもみたいに思い出じゃなくてごめんなさい。
もっともっとバカで楽しいROについて書きたいのに。
今は何も浮びません。


2004年10月30日 もう諦めるのは嫌だ18:10追記

今日は、1週間近くかけて仕込んだソルバルウさんネタを繰り広げようかと思っていたのですが、
ちょっと考えなくてはいけないものを見てしまったのでそのことについて書かせてください。

今、RO関連で
こんなニュースが騒がれているのをご存知でしょうか。

「クズ」と呼ばれるわたし達。
もうずっと前から分かっていたことでした。というか大した期待もしていませんでした。

今さら、です。全部今更です。どれもこれもわたしたちが諦めて受け入れてきたツケです。
そしてとっくに諦めている癖にずっと奇麗事を吐いてきた自分に気付いて、愕然としました。

ラグ。ラグ。とにかくラグ。報告を送る、無視される。
サーバークローズで伊豆から出られない。
ログインしたら全ての装備と倉庫の財産を放り出されて素寒貧のキャラクター。
闇ポタで隔離されて、メールで措置を頼んでも無視されて何週間も放置。
ログイン出来ない。一時間ログインボタンを押してもログイン出来ない。
過疎MAP以外全域がサーバーダウンしているラグナロク。
Bot報告何度しても無しのツブテ。
真っ当な騎士さんが「Botだろ」呼ばわりされて、その横でBotが悠々と狩りし続ける地獄絵図。
お飾りなGM。イベントと称した自己満足な宴。
サポートデスクからいくらでも返されるテンプレートな文章。
何度も繰り返される情報流出。ザルなセキュリティ意識。そしてサイトへのハッキング。
小出し小出しにされるアップデート。MAPが増えるだけで何の変化もなく続く毎日。飴とムチ。
何故か以前のように酷くなりつつあるラグ。時計塔なんかもうまともに動けません。
一向に変わることの無い問題点。
永遠に未実装。
「頑張ってますっ」の空々しい文字。

どれもこれもわたしたちが諦めてきた事です。
もういいや。仕方ないや。
それなりに楽しくやるさ。所詮ゲームだ。暇つぶしだ。ゲームに本気になるなよ。

この記事がどこまで本当かは分からないし、
暴露したアイドルや出版社にもそれなりの思惑があるように思えます。
でも、これほど真実味に溢れた記事も珍しいでしょう。
何故って暴露なんてされなくたって、わたし達はこれらのことをとっくに知っていたのですから。

ROはとても楽しいゲームです。
可愛いキャラクターを操り、遠く離れた人たちと仲良くおしゃべりできる素敵なゲームです。
それと同時に、リアルのわたしとしてはこれ以上無い『バーチャルな』人間観察の場でしたし、
仮想であるからこそ増幅される人間の感情は、見ていてこれ以上なく興味深い箱庭でした。
一年以上付き合っていたギルメンたちに対する感情は、
部活動で苦楽を共にした仲間に対するそれと良く似た、得難い大事なものです。
だけどそういうのを全部放り出してでも、
言いたい事を言うだけじゃなくて戦おうか、そう思ったのです。

ずっと直視せずにのんびり過ごしてきました。
わたしたちは一度立ち上がるべきだったのです。
それをせずに「所詮癌だから」「しょーがないよ、癌だし。」
で見逃してきたわたしたち古参プレイヤーも、ある種同罪なのです。
何度も立ち上がる機会はあったのに、そうしなかった。
「クズにはこの程度の運営で十分」とガンホーに思わせたのはわたし達です。
戦わずして奴隷になった、骨抜きの駄目人間です。

もう駄目人間は嫌です。だから立ち上がります。
小さなサイトを持つというだけの、影響力も無い一般人に出来ることをやってみます。
小さな小さな「抵抗活動」です。一人だけなら本当に小さな。

皆さん、一ヶ月でいいです。チケットを買うのを止めてみませんか?
ほんの一ヶ月で構いません。
そして一通でもいいから、サポートセンターに抗議のメールを送ってみませんか。

サイトをお持ちの方、もし宜しければ一度考えてみてはくれないでしょうか。
今までに機会は幾らでもありました。見逃していたのはわたし達です。
こんなことで・・・良くあることだし・・・ではなく、
今わたし達が出来ることを一緒に考えてみてはくれませんか。
どうか、お願いします。

あなたは今もラグナロクを「すき」ですか?

2004年10月30日18:10追記
先ほどラグナロクにログインしてきましたが、IRISサーバーではプロ南に大量の人たちが集結していました。
不満をぶちまける人、ネタに走る人、煽りに徹する人など反応は様々でしたが、いかんせん纏める人物がいないため、貴重な意見もただただ流されてただの騒ぎになっているのが悲しくもありました。じゃあお前が纏めろよという感じですが、余りにも人が多く収拾の付かない状態です。
道端でチャットを立て何人かの方と話しましたが、
「社会ではこういう事は良くあること。仕方ない」「企業だからね。こんなもん」「どんな状況だろうがギルメンや友達とのんびりROを楽しむだけ」と言う方が意外に多かったのが印象的でした。
別段悪い人たちではなく、むしろ善良な人という印象でしたが、何の衒いもなく無関係だと言い切るのが意外でもあり不思議でもありました。
その一方で「来月はさすがに課金しない」といった人たちも多く見受けられ、まさに混乱の様相を呈しています

先ほど公式サイトにも公知が出され、例の記事がガンホーを指されていることがガンホー自信によって認められた形になりました(内容に付いては否定されていますが)。常日頃と違う不自然なほどの仕事の速さに不満の声が上がっています。

真偽の程はわかりませんが、ソースであるURLをチャットに書いて立てた方たちがアカウントごとBANされている、という風聞も流れてきています。
その一方で、まだ事件について知らない方も多いようで、困惑している方に説明コーナーを設けて頑張る方もいらっしゃいました。
各ファンサイト内でも具体的な抗議活動の方法などが上げられ、模索が続いているようで興味深いです。サポセンに抗議メール、と上に書いたけどこれは意味無いようです・・・むしろBANされる危険もあるし、読まれもせず握りつぶされる可能性大です。メールをするなら重力、または4Gamerなんかの有名ゲームサイトとかがいい、という意見が上げられていました。署名活動など、何か出来ることがあれば良いのですが・・・身元を明らかにするなど、有効な形にするには法律が色々絡むようで正直お手上げです。
今回の内部告発の暴露についての抗議は勢いだけはあるのですが、以前のケイオスショックや公式サイトハッキング、情報流出事件の時のように、結局具体的行動にならず有耶無耶になる可能性も高いと思われます。
是非皆さんの手で、口でこのことに付いて考え、広めてくださったらと思います。

2004年10月20日 ジュノーの街にて
友人と、ジュノーの観光に出かけました。
動くものはどこにもいない街です。
辺境地ということもあるし、
狩りの拠点とするならばアルデバランの方が転送などもずっと便利だからでしょう。
それでもジュノーの町はとても美しいところでした。
空に浮ぶ、どこか廃墟じみた趣のあるその街をわたしたちはてくてく歩きます。
何度も来た事はあったけれど、まだ喋った事のないNPCや、
入ったことの無い建物がいくつも見つかりました。
何てことの無い壁画にバフォメットやヤファが描かれているのを見て感動したり、
橋の間から見える空にうっとりしたり。
コンロンの空も綺麗だけれどここの空も綺麗です。
難しい事を喋るNPCの話を難しい顔をして聞いたりするのも楽しいし、
ふわ〜と青く立ち上る光の柱は何とも幻想的です。

ちょうど街の隅っこの、カプラさんなどからも離れた確か書店通りという辺りを歩いていた時です。
人っ子一人いない通りです。
わたしのちょっと先を歩いていた連れのアコ君がしきりに「!」エモを連打しています。
何だ何だ?と近づくと、そこに商人さんが立っていました。
ハエや覚醒POTや蝶の羽など、消耗品がごく安い値段で並べられています。

わたしもショックエモを連打せずにはいられませんでした。
「こ、こんなところで・・・・・・」
「お客来るのかな・・・・・・」
「儲かるのかな・・・・・・」
ひとしきりそんな風に野次馬談議を咲かせ、そろそろ別の場所を見に行こうとした頃でした。
「おうえんありがとw」
商人さんが口を開きました。わたしたちはびっくりしてちょっと固まりました。
わたしはこれだけは聞いておかなくてはっ、と意気込み尋ねました。
「儲かりまっか〜?」
「いや、儲けは出て無いですw」
多分苦笑いしながら、でもどこか誇らしげに商人さんは答えてくれました。
世界には色んな人がいて世界はめちゃくちゃ広いんだってことを思い出して、
わたしはちょっと笑ってちょっと苦笑いして、やっぱりラグナロクは楽しいなぁ、
そう思いました。

そしてわたしは今日もラグナロクを続けています。

10月9日 コミュニケーションする箱庭の群れ

本を読みました。
「コミュニケーション不全症候群」、中島梓さんという方の本です。
途中で興味深いエピソードに遭遇しました。
長いので、大雑把に要約するとこんなかんじです。

「毎日、息子を幼稚園に連れて行くバスの中で、
子供だろうが大人だろうが構わずそこにまるで人がいないかのように、
誰にでも踏んだりつきあたって歩いてくる女性がいる。
あまりに自然にそうしているので、何かの障害を持って体をうまくうごかせない人で、
意識せずぶつかってきているのだろうと思っていた。
ところが、3年間で幼稚園に送り迎えするうち、
その人が息子の同級生のお母さんであると気付き知り合いになった。
それ以来その人は自分に対して一切そういう振る舞いをしなくなった。。
何故か。
彼女は相手を良く知っている人だと認識したからだ。
知っている人間だと認識して初めて、
それまでそこら辺の石ころかなにかのようなものの中の一つに名前もあり、
家族や本人の意識もある「他の人」と認知されるのである」

いつもいつも、何かの拍子に吐き出されるお決まりの愚痴。
「大量トレインしてる奴に轢かれてMPKされた」
「ハエ飛びで大量に押し付けられた」
「臨時中にPOT扱いされた上に役立たず扱い」
「沸く場所を奪われたといって暴言吐かれた」
もはや怒りも沸いてこないくらい日常と化した出来事。
皆が諦めに満ちています。
ポリシーを持って悪人プレイを楽しんでいる人を、わたしは割と好きです。
だけどこういう愚痴に登場する人たちは、無自覚な、自分のしていることの意味に気付いていない人々です。
多分自分を善人だとさえ感じている。

「ギルメンと知人だけが人間で、その他の人はまるで見えないかのように振舞う」
こういう風な、自分の認知している対象をしか、
人間として認めることの出来ない精神構造を持っている人は大勢見てきました。
ごく、ストレートな人たちです。
何の重みも無く口に出される「死ね」という言葉。
「ゲーム風情で本気になるなよ」「どうせネカマだろ」「廃人おつ(pgr」「うざい。死ねよ」
嘲笑と蔑みをためらいなく口にする人たち。こういう言葉をギルメンや知り合いに(冗談以外で)吐く人はあまりいないでしょう
彼らは、友人や知人にはあくまでも普通の人間なのです。
そういう部分は誰しも持っているのですが、想像力や教養がストッパーをかけるものです。
それらが欠けている人でも「礼儀」や「道徳」でカヴァーされていました。
だけれどネットの世界では現実以上にこれらは軽視されている。

建前すら失った本音と本能のみで構成されたまっすぐな人々の群れ。
多分、ネットゲームという媒介の性質がさらにそれを増幅しているのでしょう。
ラグナロクがゲームなんかじゃなく、
結局はリアルの延長線上で形成された一つの社会だと思うのはこういうときです。
解決法なんて無く、わたしたちは戦い続けるしかないんでしょうか。
どこかに解決方法や対応法があるんじゃないか、そんな風に思いながら本を読みました。
本はこういう言葉で締め括られていました。
「自分を直視すること。自分の苦しみを認知すること。
そしてそうするだけの勇気を持ち続けることである。
われわれがどうやら21世紀を迎えることができるためには、
我々はただ、ほんのちょっとの勇気があればいいのである。」

何をどうすればいいのかはわかりません。でも、自分を見つめて欲しいのです。
誰でもない自分を、曇りの無い目でしっかりと。
その時、浮かび上がる感情にまっすぐ向き合えたら、
きっと少しはまともな世界になるんじゃないんでしょうか。
ラグナロクの世界も。勿論リアルも。

そしてわたしは今日もラグナロクを続けています。

TOPへ。
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット